日本でのインプラント

スポンサードリンク

日本でのインプラント実用化は1980年代になります。

欧米ではオッセオインテグレーションの開発に伴い、インプラントは瞬く間に広がっていきました。
一方日本では中々広まる事がありませんでした。

欧米人との体格差が特にあごの骨格などは顕著で、
欧米のインプラントそのものを持ち込んでも肉体的な負担が大きかったのが原因のようです。

現在ではプラトンインプラントなどの日本向けインプラントもありますので、
歯科医に相談しながら、自分の骨格や状況に合うインプラント治療法を選択しましょう。

スポンサードリンク