インプラントにおける大発見

スポンサードリンク

19世紀末からインプラント技術は試行錯誤を繰り返し、徐々に発展していきました。

しかしその後欧米で爆発的に広がっていくもととなったインプラントの大発見が、1970年代にありました。

それはスウェーデンの医学者、ブローネマルク医師がオッセオインテグレーションを発見した事です。
オッセオインテグレーションというのは、オッセオ(=骨)、インテグレーション(統合)を組み合わせた言葉です。

ブローネマルク医師はウサギを使った医学の実験を行っていた際、ウサギの体内にチタン製の血流測定装置を取り付けました。
取り付けて数ヵ月後、この装置を骨から取り外そうとしたところ、チタンが骨と一体化してしまったようにくっついたのを発見したのです。

その後大学教授となったブローネマルク医師はこのとき発見したチタンの特性を医学で応用出来るよう、その実験に没頭しました。

ブローネマルク医師はチタンと骨を接触させ、数ヶ月間安静にしておくと非常に強く結合する事を証明したのです。しかもただくっつくのではなく、外部から大きな負荷がかかっても耐える事ができ、長期的に安定した結合である事も分かりました。

これがインプラントにおける大発見、オッセオインテグレーションの発見される経緯です。

このオッセオインテグレーションによって、インプラント治療歯良い方向に大きく変わっていきます。

スポンサードリンク