インプラントのデメリットE 〜治療期間が長い〜

スポンサードリンク

インプラントのデメリットE 〜治療期間が長い〜
インプラント骨が結合するまでの安静期間として3ヶ月は必要とされています。その後も型を取ったり、仮歯などでも時間がかかります。

骨が薄かったり、より美しい葉を希望したりする場合、骨や歯肉をつくるのにさらに数ヶ月が必要となる事もあります。

2006年4月の時点では抜歯後すぐにインプラントを埋めたり、安静期間を縮めたりする事は、条件が整っている一部の患者にのみ実施されているケースであり、スタンダードな方法にはなっていません。

スポンサードリンク