インプラントのデメリット@ 〜外科手術であるが故のリスク〜

スポンサードリンク

インプラントのデメリット@ 〜外科手術であるが故のリスク〜

一般の虫歯治療等とは異なり、インプラント治療は外科手術となります。

外科手術はそれを受ける患者の状態によって、リスクが発生する場合があります。

インプラント治療も同様で、骨や歯肉が良好な患者であれば、インプラント治療はほぼ完全に成功するため、リスクは殆どありません。

しかし、技術と設備の進歩から、インプラント治療を受けられる患者さんの範囲が広がりました。かつては骨や歯肉が良好な患者のみがインプラント治療の対象でしたが、今ではかつてあきらめざるを得ない難症例の型もインプラント治療の対象になっています。

骨の移植、造成、延長などを行ったうえで、インプラント治療を施す場合はやはり100%成功するとはいえないのが現状です。詳しい事は一人ひとりの状態によって異なりますので、担当歯科医に十分に相談して確認しましょう。

スポンサードリンク